--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/02/23

欧州CL、決勝トーナメント一回戦、第一戦、チェルシー×バルセロナ。


+決勝トーナメント随一の注目試合。
+メッシがスタメンですよ。楽しみですよ。
+後、カメラさん、クレスポとプジョルの同時写しは
+画面がもっさりで愉快過ぎるので控えてください。


+この間のFA杯の時ほど悪くは無いけどいいとはいえないチェルシーピッチ。
+3分、メッシがいくもキーパーキャッチ。
+さして危ないシーンではないものの印象付けという面では良。
+立ち上がりはお互いが様子を見つつ、ボールがあちらこちら。
+ロッベンの生え際はアブねえなと思いつつ、私の視線もあちらこちら。
+10分、チェルシー、ランパードが前へ、印象付け付け。
+12分、チェルシー、グジョンセンが右サイドから、
+これで人が居れば・・・・・・と思わせられる場面。
+19分、バルサ、メッシ、デコ、エトーで崩しつつも成らず。
+ここで決められれば大きいんだけど。
+チェルシーはボールを持てばすぐさま前を向く。
+わかりやすくも有り、厄介でも有り。
+ボールキープでの流れを重視のバルサ。
+カウンターでの早い展開と決定力が売りのチェルシー。
+ここまでどちらも、特定の選手が目立つことが無いように思います。
+30分、バルサに決定的なチャンスが・・・・・・うーん。
+36分、メッシが早い早い、瞬間的に相手を置いていくプレー。
+それにデルオルノが行って、レッドで一発退場。
+イエローは確実かと思いますがレッドはちょっと厳しい。
+40分、チェルシー、J・コールに代えてジェレミ。
+メッシが持つたびブーイングが酷くなります。
+モウリーニョの後ろにダフが座ってる・・・・・・癒し系、癒し系。
+チェルシー側のハンドもあったりしたんですが、
+それはまあレッドのこともあり取られませんでした。


+さてさて後半スタート。
+チェルシー、クレスポに代えてドログバ。もっさり度半減。
+46分、エジミウソンがハンド。
+48分、ロッベンのシュート、でも右に外れ。
+58分、ロッベンがファウルされ、ランパードのFK、
+DFモッタに当たってオウンゴールにてチェルシー先制。1-0。
+62分、メッシがゴール前に迫って・・・・・・も誰も居ない。
+66分、バルサ、モッタに代えてラーション。
+チェルシーが前半以上に方向性の打ち出されたプレーをしてます。
+プレーに迷いの無い感じというか、開き直りか。
+それにしてもメッシ、粗さが消えて洗練されてきてるなあ。
+69分、バルサ、ファン・ブロンクフォーストに代えてシルヴィーニョ。
+71分、ラーションがファウルを貰って、
+ロナウジーニョの蹴ったボールがテリーに当たり、オウン返しで1-1。
+73分、メッシのボールがクロスバー。贔屓目が無いことも無いですが、
+個人的に昨日のバラックに勝るとも劣らないシュートだと思う。
+バルサのペースで前にどかどか人が・・・・・・うわー。
+76分、チェルシー、ロッベンに代えてライト・フィリップス。
+80分、ロナウジーニョが抜けてラーション→マルケス?からエトーが決めた。1-2。
+これも最高の流れから・・・・・・ラーションは本当に良い働きをしてくれます。
+85分、バルサ、デコに代えてイニエスタ。そのまま、1-2で試合終了。


+アウェーで勝利に持ち込んだバルサ、二戦目が大分有利になりました。
+そこは相手がチェルシーですので油断は勿論禁物ですが。
+それはさておき、メッシは素晴らしかったです。
+バルサはボールをキープし続け、流れで得点するチームと思いますが、
+カウンターでどんどんと前を向いてくるチェルシーを相手に、
+決して簡単にボールをキープしている場面は無かったと思います。
+その中、速さで流れを勝手に作ってしまうメッシの存在が大きかったな、と。
+メッシのプレー1つにデコなどが絡んでいく場面もありましたし、
+まだまだこれから洗練されていくで事を思うとひたすらに楽しみ。



スポンサーサイト
サッカー | Comments(6) | Trackback(1)
2006/02/22

欧州CL決勝トーナメント第一戦、バイエルン・ミュンヘン×ACミラン。



+かなり長いこと待ちわびた決勝トーナメント。バイエルン×ミラン。
+HA方式という事で二戦目にアウェー戦を控えるバイエルンとしては、
+出来ればミランを無得点に抑え二点以上点差をつけたいところ。
+ミランとしては、出来ればアウェーゴールを決め、勝利、または引き分け、
+最低限、点差をつけられて負けるのは防ぎたいところ。
+双方監督が一番警戒しているのはカカとバラックだそうです。まあそうですね。


+バイエルン、GKカーンが太ももの打ち身だとかで、控えGKのレンシングが出場。
+先発にダイスラーの名前が無いところを見ると第2戦で使うつもりでしょうか。
+センターの芝が大分禿げており、ピッチ状態悪し。
+開始1分早々デミチェリスの膝がシェフチェンコの背中に入って少し中断。
+序盤はバイエルンのボールキープが続きます。
+9分、ボールを持ったバラックをピルロが倒してFK。
+ちょっと距離があるかな。案の定GKがキャッチ。
+ピルロはなんかの動物に似てる。なんだっけ。ああ、カピバラだ。
+実況・解説さん、ユーべも震えあがったダイスラーのFKの話。
+どちらも中二日でこの闘いに挑んでいるそうです。
+両者の対決は4勝1分1敗でミランが勝っているという話。ははぁ。
+ただ、このスタジアム新しいそうで(完成したのは5月だとか)
+バイエルンはこのスタジアムで公式戦15戦無敗という話も。

+23分、バラックの右足から綺麗に得点。これはビューティフルの一言。1-0。
+その直後マカーイが行ったりもしましたがジーダがセーブ。
+バイエルンペースに加速が掛かってます。攻め攻め。
+ミラン、ボールを持っても攻撃に上手く移行できていない感じ。
+足が重たいというか。ピッチの状態の悪さもあるんでしょか。
+レンシングは個人的に好印象。プレイの姿勢がいいと思う。若いし。
+あまりミランが攻め上がれていないので、そう簡単にも言えませんが。
+これから地味に応援しようと決めてみます。
+次戦にはカーンが復帰するでしょうが・・・・・・頑張れレンシング。
+ゲレイロはスーパーサブですねという話を解説さんがしてる。
+39分にもマカーイのシュート。思う通りには蹴れてないボールでポストの右。
+サリハミジッチはバイエルンをたいそう愛しているという話。
+試合に出れなくたって愛しているという話。いい人です。
+前半終了前に少しミランにも良い流れで前に出る場面有り。1-0で前半終了。
+いいように押されまくったミラン。攻撃もろくろく出来なかったミラン。
+もっとレンシングを苛めるにプレッシャー掛けるべきと解説さん。


+後半開始、双方メンバー交代は無しです。
+前半よりもバイエルンは強く前へ出ようとはしなくなりました。
+51分、ボールを持ったカカにサリハミジッチが行く、
+カカの肘が入って鼻血。すぐに戻ってきましたけど。
+ミランのアンチェロッティ監督は負けたら首じゃないか、
+などとイタリアメディアに散々言われているそうです。危ないですね。
+57分、ミランが早い展開で前へ、バイエルン側のハンドでPK。
+蹴るのはシェフチェンコ(今シェフちぇん子って変換されて笑った)。
+GKレンシングの読みが外れ(反応もあまり良くなかった)、1-1で同点。
+ここでのアウェーゴールの価値は大きい。
+58分、バイエルン、サリハミジッチに代えてカリミを投入。
+得点後のミランの動きが非常に良い。わかりやすい。
+61分、最高の流れから、ジラルディーノのシュート。しかし右上で外れ。
+65分、バイエルン、カリミのCK。ジーダがキャッチ。
+しかし着地が上手く行かなかったようで、足首を痛めたようです。
+ジーダに変わってカラッツが投入されます。33歳、ベテランなんですね。

+75分、シェフチェンコが一人でゴール前へ出てきますが、レンシングがセーブ。
+よく頑張った。本気で応援したいGKになってきましたよ。
+76分、バラックとガットゥーゾが小競り合い。
+ガットゥーゾ、勢いでネタに走り報復行為でイエロー。次戦出場停止。
+77分、バイエルン、ゼ・ロベルトに代えてショル。
+カカはバラックを尊敬しているという話。
+80分、マカーイに代えてゲレイロ。
+時間も残り少なく、ミランのボール回しに余裕が見え隠れ。
+85分、ミラン、ガットゥーゾに代えてフォーゲル。
+会場からはブーイング、それに笑顔で答えるガットゥーゾ。
+90分、ミラン、セードルフに代えてヤンクロフスキ。
+ロスタイムは5分も、そのまま試合終了。1-1。


+前半のバイエルン、後半のミランというわかりやすい試合展開。
+バイエルン、選手交代が試合に影響してこなかったですね。
+ミランは貴重なアウェーゴールを得て引き分け、
+ホームでの二戦目に向けてなかなか順調な運びと言えます。
+バイエルンは得点力のあるミランを二戦目、
+不利なアウェーでどのように戦うかが注目ですね。
+最後に・・・・・・何処かレンシングにラブコールを送って上げて下さい。もっと見たい。
サッカー | Comments(0) | Trackback(1)
2006/02/20

FA杯、チェルシー×コルチェスターU。


+FA杯チェルシー×コルチェスター・ユナイテッド。

+雨降り泥んこピッチは最悪。
+で、チェルシー先発メンバー。

+23 Carlo Cudicini (c)
+ 2 Glen Johnson
+ 6 Ricardo Carvalho
+29 Robert Huth
+20 Paulo Ferreira
+ 5 Michael Essien
+19 Lassana Diarra
+ 7 Maniche
+24 Shaun Wright-Phillips
+15 Didier Drogba
+11 Damien Duff


+フートが出てる時点で手を抜いてることがわかります。
+CLも近いことですし、かなりの選手が温存。
+ランパードにボールを預けてリズムを整えることが出来ない。
+結果ボールがボロボロ。だったですから(カーリング解説さんフレーズ)。
+挙句オウンゴールで先制点献上。ゴールポストに助けられるシーンまで。
+DFの連携やらに相当問題が・・・・・・ラインが揃ってない。
+前半一点返したのはまあ良かったのでしょうけど。


+後半、ランパードとJ・コール入れたら改善。
+クレスポ入れたら更に止まらない止められない。結果だけなら3-1。
+ランパードが居ないと・・・・・・根が深い問題じゃないんですかね。
+それにしても本当にダフは目立たない。嗚呼。
+コルチェスターではハルフォード君に目を付けてみました。
+今後見る機会があるのかどうかがまず問題ですが。
+現在三部二位だそうなので、この調子で二部に上がって下さい。
+上がってと言いつつ下さい。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/02/19


+カーリングが予想外に面白かった。
+スウェーデンのスキップが凄すぎる。
+それとは関係なくFA杯見ました。

+リバプール×マンU。勝った方がベスト8だそうで。
+ボールの切り替わりが非常に早く、試合時間が短く感じました。
+流血やら何やら、イングランドの中でもかなり怖い試合だったかと。
+その中で、ペースを一応は握りつづけたリバプールの勝利。1-0。
+決勝点は、前半19分のクラウチのヘディング。
+ファン・デル・サールも反応はしていましたが、ボールに勢いがありました。

+それにしてもキューウェルは肝心な所でぱっとしないです。
+動き自体はそれほど悪くないと思うんですが。なんとも。
+マンUにそれほど好きな人が居ないのも原因なんですが。
+あ、ファン・デル・サールは好きです。

+20日放送のチェルシー×コルチェスターUの試合も見る予定。
+コルチェスター。確か人口10万居ないはず。
+現在リーグ・ワン(三部)の1位と一点差で2位らしいです。はぁ。公式



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/02/11

アフリカネーションズカップ決勝。エジプト×コートジボワール




+さてさて早いものでもう決勝です。ネーションズ。
+開催地での利を生かし5度目の優勝を狙うエジプト対、
+ドログバ率いるコートジボワール。
+コート、国内で内紛だか内戦だか起きてるらしいです。
+国民全員が応援できるのは代表の活躍だけだとか。
+ちなみに両者はW杯予選にて対戦しており、
+その際は二戦ともコートジボワールが勝利しています。
+そのグループが密かに死のグループとか言われてたんでしょうか。
+カメルーン、コートジボワール、エジプトって。


+では試合内容について。
+エジプトの方が技術は高いなというのが印象。
+コートジボワールのボールの精度が悪すぎて話になりません。
+そのボールの悪さを身体能力でカバーするのはどうも良いこととは思いがたい。
+ボールが意図を持って動いてる感じがしないんですね。
+何も考えないでやってるのが透けて見えるというか。
+特にその傾向が顕著なのが中盤とかそこらへん。
+この大会が私的に面白みに欠けるのはそこらへんかと決勝で気づく。
+アフリカはすぐさまにトップ下の育成に取り掛かるべき。
+トップが居ないジャパン、トップ下が居ないアフリカ。
+・・・・・・日本はアフリカから何万人か受け入れたら良いよ。


+で、コート、特にいただけないのがクロスの精度。
+エジプトがわりとクロスで攻撃組み立ててたのでなおさら。
+エジプトのほうが見ててイライラしないで済むので、エジプトを応援します。
+技量で負けるなら納得がいきますが、身体だけに負けるのは納得いきません。
+ただ、身体能力の高さというのは、追い詰められると何するかわからない、
+そんなところに怖さがあるわけで、エジプトはどうも迫力には欠けますね。


+0-0で延長に突入しちゃったんですがどうしましょう。
+延長、エジプト、PK。あのPK判定は少し厳しい感じもします。
+ハッサンさん外す。蹴る直前まで他所を見てるのはいけません。
+外さない人はきちんとゴールのとある一点を見つめてます。
+と、今大会で外す人間と外さない人間の違いが微妙にわかるように。PK戦多いよ。
+それだけ相手を決定的に崩すというのが無かったとも言えますので、
+アフリカ全体を象徴している大会といえばそうかも。


+案の定PK戦。この数日間で一生分のPK戦を見てるような気がする。
+エジプト       ○○×○○
+コートジボワール ×○×○
+カメルーン戦での異常なPK戦の強さを見せたコート。
+最初にドログバが外したのが響いたんでしょうか。
+エジプトが5度目の栄冠。


+ゴールの上ではしゃいでるGKさん。
+変な帽子をかぶって駆け回るGKさん。
+ことあるごとに神に感謝していたGKさん。
+GK氏の記憶ばかり。だってこの人、存在が濃過ぎる。
+分厚い上半身、がっちり下半身。顔も濃い。
+色んな意味でGKの明暗が分かれた大会でした。
+しばらくPK戦はお断りしたいものです。
+そして、ヨーロッパ、南米のサッカーが恋しくなりました。
+コートジボワールにW杯を勝ち抜く力はないです。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/02/09

昨日、遅ればせながらチェルシー×リバプール見てたわけです。
芝の状態が余りよくなく、ダフが交代後4分で怪我したりとか、とか、とか。
(ショックで日本語の文法すらもままならない)
リバプールのGKがグジョンセンに後ろからカニバサミ食らわし、
文句を言いにきたロッベンを張り倒してレッドになったとか。
あそこでカニバサミで止めに掛かるとは何をしてくれるのか。
ダフに続きグジョンセンにまで怪我されたら私のソウルが再起不能。
(まだダフのショックで気が立ってます)
幸いそれほど大した事は無かったようですが。
本人が何やら文句やら皮肉やら言ってるらしいですが、
そんなこと言ってもデュデク王朝誕生の日は近・・・・・・それは無い。

キューウェルのキューはキューティクルのキューですよとか。
キューちゃん、割りと調子も良いようでした。




サッカー | Comments(0) | Trackback(1)
2006/02/05

アフリカネーションズカップ、カメルーン×コートジボワール。


とにかく振り返るのも疲れる濃い試合でした。


+W杯予選の再戦となるカード。
+予選では、カメルーンに勝っていないものの、
+コートジボワールが抜けてしまいました。
+これはカメルーンが気合を入れないわけがない。
+ちなみに、予選にて「入る気がするんだ(PKが)」
+とか言って、蹴って外して自宅が燃えた人は、
+新しいカメルーン代表!演出のためか、代表外されたそうです。
+代償は余りにも大きかったのです。

+無理やり欧州と結びつけるとなると、
+バルサのエトー×チェルシーのドログバ。
+欧州CL決勝トーナメント一回戦を占う試合といえなくもないです。
+他にも皆さん結構名の売れたとこでプレーしてるようです。


+前半立ち上がり、ボールの持ち方を見ても、
+双方共に相手の様子を見てる慎重な感じ。
+ボールを扱う技術はカメルーンのほうが上。
+ピッチ上での位置取りを見てもコートとは違います。
+コートジボワールの若者の間でドログバヘアーが流行という話。
+一次のベッカムヘアブームみたいなノリなんでしょうか。
+ベッカムよりドログバのほうが男前ですが(私観)。

+ゴール前でのプレーも少ない。全体としてカメルーンペース。
+コートの選手、なんともピッチ上での位置取りが微妙。
+中途半端というか、立ってるだけというか。
+どいつもこいつもデクノボウな雰囲気が漂ってます。
+そんな感じで前半終了。


+後半。立ち上がりコートジボワールが積極的です。
+前半で技術でカメルーンに対応するのは無理と悟ったんでしょうか。
+いや、結局カメルーンペースなんですけど。
+キープもしていれば、チャンスもコートよりある。前半と同じ。
+コートが勝つには、相手にボールをキープさせないのが第一と思うのですが、
+それほどのキープ力がないのがまず問題ですか。そうですか。

+ボールがよく動くので退屈はしないもののこう着状態。
+こういう試合は、どちらかが得点すれば一気に点の取り合いになるものですが、
+逆を言えば、どちらかが点を取らないとまったく動かないということで。
+その上、双方セットプレーがチャンスになり得ないチームな訳で。
+また延長PK戦かなあ(ナイジェリア×チュニジア参照)と、カフェイン摂取開始。


+案の定延長戦。
+まずバーに当たったボールがいい所に跳ね返ってきてコートジボワール得点。0-1。
+カメルーンも箍が外れて、こぼれだまに反応、メオングが得点。1-1
+コートジボワール選手のデクノボウさ加減が良くわかります。
+皆でデクノボウと呼ばれ、ディディエ(ドログバ)のように私はなりたい。
+解き放たれたようにプレーする正直な君たちが好きです。
+しかし、しかし、結局PK戦突入。濃い試合だ。
+コートジボワールは1992年優勝した際、
+0-0でPK戦に入り、11-10で勝ったという話。11-10って。


+PK戦。
+カメルーン1人目、○。エトー、中央に決めてボールにキス。
+ドログバも男前だけどエトーも美男子だなあ。何処見てる。
+コート1人目、○。ドログバ、読んでも取れない所へ。
+どちらも5人目まで危なげなく決まる。
+ここまで来るとGKが情けなくなってくるという話。
+カメルーン6人目、○。ここまで読み全敗のGK。
+とうとう読みが当たりました。決められましたけど。
+コート6人目も○。
+カメルーン7人目、○。ゴキブリの触覚みたいな髪だ。
+コート7人目、○。
+カメルーン8人目、○。ついに止めたと思いきや、GKが前に出たと蹴り直し。
+双方10人目まで成功。
+そしてついに11人目、情けないGK同士、Most デクノボウ決定戦。
+どちらも監督が不安そうな顔してるのは気のせいですか。
+どちらも危ないながらも決めてしまい、決着つきませんでした。
+一周して12人目、エトー、ボールはバーの上を無情にも通り過ぎ・・・・・・。
+そして、毛むくじゃら心臓軍団チェルシー所属、
+ドログバが外すわけがありません。コートジボワール勝利。


+選手もろくろく知らない分、いつもと違う見方が出来ました。
+同じPK戦(ナイジェリア×チュニジア)でこうも違うか、とか。
+バルサとチェルシーがPK戦になったらチェルシー勝つだろうなあ、とか。
+外しそうなのが殆ど居ないんですが、なんだあのクラブ、とか。
+ダフはPKどうなんだろうなあ、とか。
+思考はネーションズからすっかり外れていきました。


+他に見たサッカー。
+カメ×コートまで時間があったので、ブンデスをちょっと見ました。
+バイエルン×レバークーゼン。1-0。
+私が真面目にサッカー見る切っ掛けとも言えるラメロウ氏。
+あ、ラメロウ氏だ、と喜んだところで交代でベンチへ。心が寒い。
+もう後半も大分進んでてそれほど時間もないというのに、
+二回もシュバインシュタイガーのへっぽこ具合を目撃。
+顔の何処見ても華が見当たらない所が結構好きで(地味顔好きー)、
+応援もしているといえばしてますが。フートといいこの子といい技術がない。
+結局ドイツ代表はバラックだけのチームなのか。そうなのか。
+他は他でメランコリック・ダイスラーとかですし。
+パワーともテクニックとも攻撃的とも守備的とも言えない。
+ドイツ代表の明日はどっちだ。

+ラメロウさんも居ないことだしチャンネル変更。
+シュバインシュタイガーのへっぽこが怖かったのも有り。
+HSV×ビーレフェルト。2-1。
+ちらっと見る限りビーレフェルトの8番さんと5番さんが好み。


サッカー | Comments(0) | Trackback(1)
2006/02/03

チェルシー×ヴィラ戦とか


チェルシー×ヴィラ戦とか。まだ呆けてます。


+チェルシー×ヴィラ戦を見ておりました。
+目覚ましセット一時間間違えていて後半から、
+1-0で勝ってたチェルシーが、
+後半、ヴィラに追いつかれて1-1の引き分け。
+最近、チェルシー詰めが甘いですね。
+アフリカ勢が居ないのが響いてるんでしょうか。
+ゴール前に4、5人来たら入ってもしょうがないですが。
+何が不満かって、バロシュ交代後にヴィラが得点したことです。
+そんなにバロシュは役に立ってないんでしょうか。
+後半しか見てないのでなんとも判断つきません。
+そして、フートが出てくると試合の終りを感じるのは私だけですか。
+フート、応援は一応してるんですが。頑張れドイツ。

サッカー | Comments(0) | Trackback(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。