--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/11/20

W杯予選、プレーオフ第二戦。チェコ×ノルウェ-。


やはしじっくり見返してしまいました。

第一戦はノルウェーホームで0-1、チェコの勝利。チェコは勝ちか引き分けでW杯本選行きが決定。ノルウェーは二点以上取り勝つことが必要です。

チェコ先発、出場停止のガラセクに代わってネドベドがキャプテンを務めてます。
15 バロシュ
7 シュミチェル
10 ロシツキー
8 ポボルスキー
11 ネドベド
14 ポラク
6 ヤンクロフスキ
2 グリゲラ
21 ウィファルシ
22 ローゼナル
1 チェフ


ノルウェー先発
10 カリュー
11 イーバンシェン
9 ペーダーシェン
6 ヘルスタド
7 ハエスタド
8 ストロムスタド
5 リーセ
2 ホイラン
4 ハンゲラン
3 ハーゲン
1 ミーレ


前半、開始約15秒、キックオフ早々にチェコ、ロングボールからシュミチェル。ゴールポスト。ガラセクが出場停止なのですが、監督が誰を出すのがいいかと選手に尋ねたところ、ポラクがいいと言われたそうで、ポラクが出場しているそうです。1分、ボールを追っていたポラクにカリューが接触、倒れました。チェコが前へ、ポボルスキーのクロスをノルウェーが奪いカウンター。2分、カリューが左から崩していくプレイ。ゴール前にボールを蹴るも、ウィファルシがヘッドでクリア。左からのCK。ノルウェー、低いボール、押し込むことが出来ず、ネドベドがクリア。また左からのCK、今度は特に何もなし。

ボールの扱い方にも積極性が現れている立ち上がり、どちらペースという事もなく。5分、チェコ、バロシュが右サイドでボールを持ってましたが外、右CK。蹴ったのはポボルスキー、バロシュがゴール前で捕まれたとアピールしてます。

前半10分、ボールを追ってたハエスタドにポラク、ポラク、ハエスタドの足にこける。そのハエスタドがバロシュにファウル。FK。蹴るのはネドベド。低いボールで直接狙ってきますが、GKが抑えました。ノルウェーが前へ、ペーダーシェン、蹴った後に倒れました。リプレイを見ると蹴ったときに足をいためたようです。

前半13分、ネドベドが左サイドで倒されFK、いい所へボールは行くもノルウェーに一旦返され、そのボールを再び前へ、バロシュにボールが行きますがコントロールが上手く行かず。またノルウェー、カリューが前に行こうとしますが、チェコが後ろに戻しました。チェコ、バロシュの1トップで引き気味、かと思えばボールを持てばすぐさま前へ、プレーの切り替えが早い印象。

前半19分、ヤンクロフスキが倒れる。ノルウェーの中盤守備が激しく、ボールはチェコが持っているも、前へ出すことが出来ないので、チェコはバロシュ以外は引いてプレーせざるを得ません。前に出るとしてもロングボール。そういえば去るオランダ戦もバロシュがロングボールに一人で絡んでいた記憶があるのですが、バロシュが絡んでいけるボールもろくろく無いという、ある意味でオランダ戦より性質の悪い時間帯。

前半24分、チェコがどうにか前でボールキープ、しかし思い通りには動かせていません。バロシュのオフサイド。ノルウェーも守ってはいますが、カリューにボールを出せていません(キープ時間はチェコが多い)。

27分、ポボルスキーFK。それにバロシュが絡み右サイド、ノルウェーDF引き付け、ポボルスキーへと戻し、ポボルスキーがクロス、しかしゴール前とのタイミング合わず、またボールを持とうとしたポポルスキーがハエスタドを倒してファウル。ノルウェーはここ最近アウェーで負けていないというお話。

前半30分、前へ抜けていこうとするバロシュに、「ここを抜けられたらやばい」とハーゲンが突っ込みました。流石にこれはイエロー。左からのFK。直接ゴールが狙われましたが、GKがキャッチと思えばGKがボールをこぼし、すぐ前にいたシュミチェルがシュート、しかし僅かに枠を外れる。

前半33分、久しぶりにノルウェーが前へ、イーバンシェンがシュートを打ちましたが、上に行き過ぎ。攻撃の形としてはまずまず。それにしてもカリューが全くといっていいほど絡んできませんね、このまま激しい守備のまま行ったらある時間帯で引き分けでもいいチェコが有利になってくるような・・・・・・とか思ってたら、34分、ノルウェーのセットプレー。ボールをネドベドが受けて、それがロシツキーが前に出し、それにバロシュが絡み右サイドから、ドリブルでゴール前へ、そのバロシュがゴール前で蹴ったボールがノルウェーDFによって軌道が変わって左サイドへこぼれ、それをロシツキーが決めて、チェコ得点。1-0。ロシツキー、左足首を痛めているとか聞きましたけど、決める時は決めてくれます。

前半36分、ボールに向かったネドベドにファウル。イエロー。得点してから積極的なチェコ。そして少なくとも二点取らなければ勝てないことをやっとこ自覚しだしたノルウェーも積極的なプレーをしだします。

39分、ボールに向かったバロシュが倒れました。実況さんがネドベドについて話してます。44分、チェコがまた大分引いてます。ロスタイムは2分。ノルウェー、CKからシュートに行きますがGKツェフが素晴らしい反応でチェコ、難を逃れます。その後も二回ノルウェーのCKがありましたがノルウェー生かすことが出来ず。前半終了。それにしてもカリューという高いターゲットが居ながらもハイボールを出さないノルウェーには疑問です。ハエスタドとストロムスタドは小さいのですが激しく良い守備をしていましたね。


さて後半、ノルウェーが選手交代、FWイーバンシェン(#11)に代えてMFソッリ(#16)を投入。MFを入れることで、ハエスタドとストロムスタドの位置を上げ、前のほうでチェコへプレッシャーを掛ける狙いがあるそうです。やはりノルウェー、ネドベドに対する守備が厳しい。

後半3分、左サイドでボールを追っていたバロシュがホイランと接触。ネドベドFK。GKがキャッチ。7分、ノルウェー、右のペーダーシェンのクロスから、やっとこさカリューが絡んだヘディング。もっとこういうプレーをやったらいいのにとチェコ寄りで見てる私すら思います。12分、ノルウェー、ヘルスタド(#6)に代えてオースト(#18)を投入。

後半14分、ようやくチェコペースと言えるような時間到来。シュミチェルがシュートしてたり。16分、シュミチェルに行ったホイランにイエロー。それにしてもノルウェーボール繋ぎすぎです。もっと前に出さんと行けないよとチェコ寄りで(以下略)。21分、カリューに行ったヤンクロフスキにイエロー。23分、チェコ、ロシツキー(#10)に代えてコバーチ(#5)。

それにしてもノルウェー、選手交代がまるで生かしきれてない印象。有効な攻撃も無いなあと思ってたら、27分、カリューとかストロムスタドの良い形の攻撃が二度ほどありました。29分、チェコ、シュミチェル(#7)に代えてシュタイネル(#9)。時間が進むにつれチェコは引いてプレー、そしてボールはすぐさま前のバロシュに回して時間を稼いでます。ノルウェーの前へ出さなさにはチェコ寄りの私にすら疑問です。そこで後ろに回してどうする気か・・・・・・。

43分、ボールを頭で受けていたグリゲラに、ボールを持とうとしたリーセが行き、頭から衝突。リーセが立ち上がりません。ノルウェー選手交代、リーセ(#5)に代えてマリウス・ヨンセン(#15)、リーセにイエロー。ロスは4分。チェコ、バロシュ(#15)に代えてパラシル(#17)。そのまま試合終了。1-0でチェコ勝利。

ノルウェーはプレーがシンプルすぎた気が。技術的にチェコの方が上というのははっきりしていましたけども。手数が無いわけではないのに、攻撃に明確な意図が見えませんでした。守備はネドベドを抑え、中盤の基点をなくすことには成功していましたし、終始チェコにペースを渡さないプレーだっただけに攻撃が……ああでもこれで本大会でバロシュが見れますよ。楽しみ楽しみ。


スタジアム、サポーターが飛び跳ねてスタジアム自体が上下しているかのよう、どちらのサポーターも代表を愛しているんだなあとホロリ(涙腺ゆるいんです)。天を仰いだ後にフィールドへ体を預けるネドベドとか。本選出場記念Tシャツ(デザイン微妙)を着て、チェコ代表がスタジアムのサポーターの方を向いて肩を組み合い飛び跳ねてたりとか。ネドベドの隣はバロシュ。コラーも松葉杖(スチール杖かしら?)姿で登場。そしてブリュックネル監督の胴上げ開始。胴上げしがいのありそうな監督(失礼)。

欧州ではアイルランドが落ちてしまったので、チェコとクロアチアを応援しよう。プレーオフを見るうちにノルウェーとスロバキアにも愛着が湧いたので、また機会があったら応援するかも。それにしても本当に長くなりました。勢いって怖い。そして昨日の、珍しく昼間にやっていたトルコ対スイス(これまでプレーオフは全部夜の7時10分にやってたのです)を録り忘れました。NHKを逆恨み中・・・・・・。


スポンサーサイト
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2005/11/15

W杯予選、プレーオフ。スペイン×スロバキア、第一戦。


チェコがBSで放送されない悲しみに、必要以上にじっくり見返してみました。その所為かいつもより非常に長め。


スペイン先発。控えに久しぶりに代表招集のモリエンテスが入ってます。
9 フェルナンド・トーレス
7 ラウル
17 レジェス
21 ルイス・ガルシア
6 アルベルダ
4 シャビ
3 デルオルノ
2 ミチェル・サルガド
22 パブロ・イバーニェス
5 プジョル
1 カシーリャス


スロバキア先発。昨シーズンドイツ得点王のミンタールを怪我で欠く。
11 ビテック
10 ホドゥール
8 ホロシュコ
2 ペトラーシュ
6 カルハン
7 フリンカ
5 ハド
9 ザバウニーク
4 クラトフビール
3 ラシュクルテル
1 チョントファルスキー


会場はスペインのビセンテ・カルデロン。アトレティコ・マドリードのホームスタジアムです。アトレティコで指揮をとっていたアラゴネス監督のリクエストのようです。スペイン代表は予選この会場で負けが無いそうで・・・・・・ほお。ホーム&アウェー方式は、二戦目ホームの方が有利とされているので、スペインは大量得点で次戦へ。スロバキアとしては出来ればアウェーゴールを決め、勝ちか引き分けで試合を終えたいところ。


雨の中で試合開始。前半40秒。フェルナンド・トーレスが捕まれFK。スペインの選手は立ち上がりが重要だとコメントしてるそうです。シャビが左、レジェスが右に並んで、蹴ったのはシャビ。GKの空けていた右に打ちますが、少し右に行きすぎ、外。アラゴネス監督、前半20分までに得点できれば非常に有利になるとのコメントをしているそうです。

どちらも比較的にボールを前に運ぼうとしている感じ、どちらかといえばスペインペース。スロバキアのガリス監督は「雪でも降ってくれたほうがうちに有利なんだけどね」とのコメント。スロバキアはスペインにボールをキープさせないようにしたい模様。予選でのスペインは決して得点力があったとは言いがたいですが、カップ戦やリーグとの兼ね合いで選手を固定できなかったことも原因だそうで。

前半8分、レジェスが左サイドを崩し滑り込んでいくも外れてCK。シャビが入れたボールをスロバキア選手がはじき、またスペインが入れていき、3人ほどフリーでしたが、味方同士で重なりタイミング合わず。逆サイドから再びCK。またシャビから、ルイス・ガルシアのヘディング。前半10分スペイン得点。1-0。スロバキア、また3人ほどフリーにしていました。

サイドから崩しつつ責めているスペイン。スペインがボールをキープしているうちに、どうしてもディフェンダーが真ん中へ行ってしまう為、サイドを崩されやすくなっていると解説さん。それにしてもスペインのキープ力は流石です。14分、スペインキープが続く中、ルイス・ガルシアに突っ込んだハドにイエローカード。

前半18分、レジェスが左サイドからシャビへ。シャビ、シュートと見せかけてパス。それにルイス・ガルシアがオフサイドぎりぎりで二得点目。2-0。ルイス・ガルシア、初先発なんですか。その直後スロバキア監督ガリス氏がキャプテンのカルハンと共に、オフサイドだと抗議。監督の退席処分と、カルハンにイエローカード。カルハンは累積二枚で次戦出場停止。そしてレギュレーションによると、ガリス監督は次戦もベンチ入りが出来ないそうです。早くもボロボロなスロバキア。

前半23分、中盤でペトラーシュがフェルナンド・トーレスにタックル、スペインFK。25分、攻めていったスロバキアのビテックが足を滑らせ、GKのカシーリャスと激突。その後もスペインペース。スロバキア選手の名前もろくに呼ばれない、一方的といってもいい展開。少しはスロバキアにボールも渡りますが得点なし。44分、ラウルがゴールするも判定はオフサイド。そのまま2-0で前半終了。サイドを攻めまくるスペインオフェンスと、スロバキアの動きの無いディフェンスが印象的な前半。


さて後半開始。スロバキアの選手交代。ホロシュコ(#8)に変わってシラールト・ネメト(#17)。前半同様にスペインのボールキープが続く。スロバキアのフリンカがルイス・ガルシアを倒してイエローカード。後半4分、どうにか前にボールを持ってきたスロバキア。スペインにボールを奪われるも、ボールを持っているルイス・ガルシアにプレッシャーを掛け、バックパスを出させ、そのパスをシラールト・ネメトがさらって得点。2-1。

その後も一応はスペインペース。前に出てきたレジェスに付いたシュクルテルの後ろ足にこけたレジェス。シュクルテルにイエローカード。この判定は少し厳しいんではないでしょうか。シュクルテル、不満げな様子。シャビのFK。スロバキアの高い壁の前にボールを落としきれず得点ならず。後半10分、スペインの選手交代。レジェス(#17)に変えてビセンテ(#11)。

キープ時間はスペインが長いように見えますが、スロバキアに得点を許してからどうも前半のような良さがありません。後半11分、フェルナンド・トーレスのミドルシュート、わずかに右。ボールを持ってコースを見つければ、すぐさまに打ってくるのは怖いですね。後半14分、前に上がってきたビテックに対しプジョルがファウル。スロバキアFK。ハイボールから行こうとするも上手くいかず、スペインがカウンターを掛けようとしますが、ここは止められました。ネメトを倒したアルベルダにイエロー。累積で次戦出場停止。

後半18分、久しぶりに前へ出た感のあるスペイン。ボールを持ったルイス・ガルシアに対して、クラトフビールがスライディング。ルイス・ガルシアがクラトフビールのハンドをアピール。PK判定。その判定に対して、スロバキア選手がもりもり抗議。全員でかいので迫力があります。ハンドのクラトフビールにではなく、抗議をしたハドに二枚目のイエローカード。ハド退場。スロバキア十人。

後半20分、PKを蹴るのはフェルナンド・トーレス。しっかり決めて突き放します。3-1。21分、スペイン二度目の交代。次戦出場停止のアルベルダ(#6)に変わり、シャビ・アロンソ(#14)を投入。次戦を見据えた交代。スロバキア、ザバウニークがボールを運ぼうとしている所にプジョル。どちらも勢いのある中衝突。リプレイを見る限りどちらも猪突猛進。プジョルは何事も無く立ち上がりますがザバウニークが中々起き上がりません。その間にスロバキアはホドゥール(#10)に変えてグレシュコ(#15)。ザバウニーク一旦フィールド外へ。スロバキア、一時的に9人。

後半24分、スペイン前へ、フェルナンド・トーレスのシュート。枠は捉えていましたがGKが弾いて外へ。25分、ザバウニークが戻ってきました。スペインに前半と同じようなサイドからの攻撃が増えています。そして、スロバキアは相変わらずサイドからのボールの動きに反応が遅いです。28分、スロバキアの三人目の選手交代。カルハン(#6)に変えてヤノチェコ(#14)。29分、スペイン、ビセンテから左サイドクロス、ほぼ真横から来たといってもいい難しいボールをルイス・ガルシアが入れてハットトリック達成。4-1。

後半30分、スロバキア、ビテックが3人に囲まれながらもシュート。キーパーに弾かれCK。スペインの選手交代ルイス・ガルシア(#21)に変わって久々代表復帰のモリエンテス(#10)。CKはスペインがボールを奪い終了。34分、ビセンテが左サイドから浮かせたボールにモリエンテスがヘッド。絶妙のタイミング。自らのゴールで代表復帰のアピール。5-1。采配ピタリのアラゴネス監督、67歳ガッツポーズ。その後も双方共にボールを回しはするものの得点ならず。5-1で試合終了。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。